Sandra E. Bergeron

Non-Executive Director

Sandra Bergeron は 2010、Non-Executive Director としてソフォス社外取締役に就任。シリコンバレーのテクノロジー分野で最もよく知られた女性の一人。Trident Capital 社のベンチャーパートナー。Qualys 社と TraceSecurity 社の取締役も務める。それ以前は、Tipping Point 社、Netegrity社、Nuance Communications 社、TriCipher 社、ArcSight 社などの取締役。McAfee 社に在職中、研究開発部長、コーポレート戦略部長、PGP Security 代表など、数多くの主要な役職を歴任。

コンピュータセキュリティ思考のリーダーとして米国で高い信望を持つ。House Science Committee の科学技術小委員会で、サイバー攻撃に対して政府機関や産業界ができる事前的予防に関して提言。また、Silicon Valley Blue Ribbon Task Force on Aviation Security and Technology を務める。これは、米国下院議員の Mike Honda および San Jose、カリフォルニア市長の Ron Gonzales に続く選出である。

米国ジョージア州立大学の Bergeron Women in Technology Mentorship Program の議長経験を通じ、テクノロジー分野で積極的に女性を登用。

オハイオ州シンシナティにある Xavier 大学から MBA を取得。ジョージア州立大学から経営学士 (Cum Laude) を取得。J. Mack Robinson College of Business で Hall of Fame に指名される。