Gerhard Eschelbeck

Chief Technology Officer

Gerhard Eschelbeck は 2011年、Chief Technology Officer および Senior Vice President としてソフォスに入社。テクノロジー戦略や製品開発の責務を担う。Gerhard は、情報セキュリティに関して複数のパテントを所有し、ネットワークセキュリティと脆弱性については、国際的に名高いエキスパートの一人である。

最近まで、Webroot Software 社で CTO および Senior Vice President として勤務し、クラウドベースのテクノロジー開発を担当。Webroot 社以前は、Qualys 社で CTO および Vice President of Engineering を務め、SaaS ベースの脆弱性管理市場で Qualys 社のリーダー的立場を達成。また、それ以前は、Network Associates 社や McAfee 社などの企業で、製品やテクノロジーに関する上級職を勤務。

オーストリア、リンツの Johannes Kepler 大学からコンピュータサイエンスの博士号を取得。